蜘蛛と箒企画:2019年度後期連続講座シリーズ講師決定近日中に募集開始

蜘蛛と箒では、前期が盛況のうちに終えることができ、いよいよ後期の連続講座シリーズが始まります。批評家、研究者、作家が講師となって行われる連続講座で、後期も各講座全4回となっています。

本連続講座のシリーズのコンセプトは「芸術の遠心力」。
ここでの「遠心力」とは、時間や空間という抽象的なものだけでなく、文化、国境、ジャンル、アイデンティティーなどの閉塞感を越える力を意味しています。
遠心力とは、何かから解放される運動であり、同時に何かに接近する運動でもあります。
そして、何かを遠くまで飛ばすためには、自分の体を支えられなければなりません。
さてここでのそれは何を意味するでしょうか。
6つの連続講座は、それぞれ異なるテーマと異なる方法で行われますが、どれも「芸術の遠心力」を学ぶことにつながっています。
社会的なことであれ、私的なことであれ、何かを変えようと思っている人たちにぜひ参加して欲しいアクチュアルな連続講座です。

講師:
石川卓磨
遠藤麻衣+百瀬文
神村恵
吉良智子
近藤亮介
沢山遼
(50音順)


どうぞ楽しみにお待ちください。

蜘蛛と箒(くもとほうき)

蜘蛛と箒

蜘蛛と箒(くもとほうき)は、 芸術・文化の批評、教育、製作などを行う研究組織です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする