『原稿集第五号|扉、柱、そして釘』

『原稿集第五号|扉、柱、そして釘』
発行:蜘蛛と箒

掲載作品
●冨井大裕 「雑記」
●阿部真弓 「地球の画鋲」 
●宮下さゆり「扉を開けに」
●近藤愛助 「箱の中に収められた身体は ばらばらに何かを思い出し記述す」

美術系文芸誌『原稿集第五号|扉、柱、そして釘』を発行。 特集は扉、柱、そして釘。特集タイトルを、四人の筆者がそれぞれに全く異なる解釈から展開させた四つの作品。エッセー、小説、詩と、ジャンルもそれぞれ異なる文章で、他では読むことのできない作品が揃っています。

A4サイズ全23ページ
2021年9月13日発売 600円(税込)

購入サイト
https://kumotohouki.stores.jp/items/61434ec9603feb0f6f5da898

蜘蛛と箒

蜘蛛と箒(くもとほうき)は、 芸術・文化の批評、教育、製作などを行う研究組織です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする